クラウドファンディングサイトの特徴を見極めよう

途絶えようとしている地域の伝統文化等を守りたい、プロジェクトの性質上企業等に頼らない形で資金調達をしたいという場合に力を発揮するのが、クラウドファンディングです。今では日本国内でもこの資金調達法はおなじみとなりつつあり、数多くのサイトが存在しています。

ただ、数あるクラウドファンディングサイトにはそこそれぞれの特徴があり、しっかりその特徴を把握してから選ぶ必要があります。そうしないと、達成したいプロジェクトの資金調達にうってつけのサイトを見逃してしまい、思うように資金が集まらないといった事態になる事も考えられます。

そうした事が無いように、当サイトで主要なクラウドファンディングサイトをしっかりと比較しましょう。当サイトでは、多くの人に選ばれているクラウドファンディングサイトをピップアップし、比較する時に必要な情報を分かりやすくまとめています。当サイトの情報を駆使して各種比較し、サイト選びの参考にしてください。

A-port

POINT

クラウドファンディングは新聞社によって行われています
コールセンターが設けられています
資金額において目標に達したときだけに受け取れるタイプと達しなくても受け取れるタイプがあります

新聞社によってクラウドファンディングが行われているという特徴があります。またプロジェクトが公開される前から資金調達におけるスパンが終了するまでの間、企画した者に対するサポートはその社員が行うことになっています。

インターネットで決済することに抵抗を持っている人からの支援を得ることができるように、コールセンターがあるという点もA-portの特徴です。支援における金額が5,000円以上である場合は現金書留を利用することができます。

資金額が目標に達したときだけに受け取れるというタイプと達しなくても受け取れるというタイプがあり、使い分けが可能です。クラウドファンディングにおけるタイプのうち、寄付型と購入型に該当しています。

FUNDINNO

POINT

株式投資型クラウドファンディングを提供しています
オンライン上で事業者登録ができます
専用フォームからの問い合わせを受け付けてくれます

こちらのFUNDINNOは、株式投資型クラウドファンディングを提供しています。投資家と事業者のマッチングプラットフォームなので、投資を検討している人はもちろん、資金調達を検討中の事業者も利用することが可能です。

募集することで認知度を高めることができるため、高いマーケティング効果が期待できます。また、プロの投資家から大学生、医師など、様々な投資家がいますし、投資による資金調達なので返済の義務がないのも大きな特徴です。ちなみに、事業者登録はオンライン上で手軽にできます。

また、事業計画の作成や資本政策の策定をサポートしてくれますし、わからないことがあるときは、用意されている専用フォームからいつでも気軽に問い合わせることができます。

【FUNDINNO】

Crowd Bank

POINT

少額からいつでも手軽に始めることができます
信頼のある運用実績となっています
証券会社によるサービス運営を行っています

クラウドファンディングによる資金調達を展開しているCrowd Bankは様々な特徴から人気となっています。その特徴としてまず挙げられるのが手軽に始められるという点です。多彩なファンドを常時募集していますので、ファンドを選ぶだけで、いつでも好きなタイミングで資産運用を開始することができます。しかも10,000円から投資が可能ですので、手軽に利用することができます。

また、サービス開始以降、運用による元本回収率は100%を維持しているという点も大きな非常に特徴です。着実に顧客の資産を増やしてきた輝かしい実績から、多くの人から絶大な信頼を寄せているといえます。

さらに、証券会社として質の高いサービスを提供しているというのも特徴です。コンプライアンス体制の確保はもちろんのこと、自己資本規制比率などの高い財務基準をクリアしながら、高品質のサービス運営を行っています。

新しい投資のカタチ クラウドバンク

クラウドクレジット

POINT

通貨・セクターなどの海外投資への分散が可能になります
資産を表面利回りで増やすことができます
10,000円から投資が可能なため初心者でも行いやすいです

英語で群衆を意味するcrowdと資金調達を意味するfundingを組み合わせてつくられた造語であるクラウドファンディングは、インターネットを経由して夢をかなえたい人々や海外の途上国支援などが可能です。クラウドクレジットは海外の人々・事業者と投資家を結びつけるクラウドファンディングの新しいプラットフォームとして注目を浴びています。

海外の成長拡大している国に対してクラウドクレジットはソーシャルトレーディングと呼ばれる貸付型のファンディング商品を取り扱っているのが特徴です。需要と供給をつなぐ高い表面利回りの商品を多く取り扱っており資産を複利で増やすことも可能です。

海外の投資先はさまざまな経済成長のステージとなっています。数多くの投資をしていただくために投資初心者の方・法人投資家の方から資金調達が可能なように10,000円からの投資が可能となっています。ただし、為替リスクがあることも忘れてはいけません。

ソーシャルレンディングならクラウドクレジット

Readyfor

POINT

簡単に検索できるので、プロジェクト探しがはかどります
社会貢献度の高いプロジェクトを中心に、豊富なジャンルがそろっています
成功者の体験談が見られるので、具体的なイメージがつかめます

資金調達の手段だけではない、付加価値の高いサービスを提供するクラウドファンディングサイトです。サイトが使いやすく、簡単にプロジェクトを探せる点が特徴です。検索方法はさまざまあり、トップページのタグやカテゴリーから興味のある分野を選べます。このうち特に便利な機能がタグです。利用者の注目度が高いワードがタグ付けで、複数表示されています。ワンクリックで関連ページに行けるので、手間がかからず便利です。また、一覧ページでは進捗度がひと目でわかるため、状況が把握しやすい利点があります。

プロジェクトのジャンル・数ともに、豊富なところが魅力です。福祉や教育、環境保護など社会的課題に取り組むものが多くなっています。具体例を挙げると、子ども食堂を運営する企画や介護事業の資金集めといったケースです。ビジネスやスポーツ関連のプロジェクトも多数あり、ジャンルの幅の広さが伺えます。

プロジェクトを実現させた人のインタビューが、いくつか掲載されています。出資を募った立場から語られる、リアルな情報が満載です。人物像や背景、Readyforを利用した理由など興味深い情報が多く参考になります。どのように成功したのかイメージしやすいですし、単純に読み物としても楽しめる内容になっています。

Makuake

POINT

商品開発を潤沢な資金力で実現可能です
可能性を現実に形にすることができます
サポーター一人ひとりの顔が見えます

会員限定のサービスを募ることにより、他では見られない上質なサービスを受けることができるのがMakuakeのクラウドファンディングです。サポーターだけに会員権を発行し、限定サービスを提供するお店も増えています。

プロジェクトには形式があり、目標金額に達成しなくても支払いをしただけで支援を達成することができるものもあります。プロジェクトの形式にとらわれないことで、様々な形で支援をすることができるようになりました。

自分の持つスキルや新しい発想を多くの人に公開することで、共感を得て、それが資金調達へとつながっていく新しい支援の形がクラウドファンディングです。夢を実現することができます。

工夫すればクラウドファンディングで資金調達できる

基本的にお金を作るときは、消費者金融会社や銀行などを利用するのが一般的な考え方ですが、クラウドファンディングで資金調達するのも悪くないやり方です。これなら、リスクのない状態で、ゼロからスタートすることができます。お金を作りたいにもかかわらず、借り入れ先が見つからないような人にも、クラウドファンディングはかなりオススメできる選択肢だと言えるでしょう。クラウドファンディング専門のサイトが今の時代では多く存在しているので、そこでまずはプロフィール登録して、出資を募るのが基本的な手順となってきます。ただ、プロフィール登録をするにしても、適当なクラウドファンディング専門サイトを選ぶのではなく、選ばれ続けているような、信用性の高いサイトを選ぶように心がけることが大事です。

注目が集まっているクラウドファンディングサイトであれば、とにかく出資を募っている事実は理解してもらうことができるので、お金も集まりやすくなるでしょう。ただ、今まで利用したことがない人は、初心者判断で適当にクラウドファンディングサイトを選んでしまいがちなので注意が必要です。そうならないようにするためにも、最低でも経験者の話に耳を傾けて、サイトを選ぶように心がけることが大きなポイントとなってきます。身の回りの詳しい人に声をかけてお勧めのところを紹介してもらっても良いですが、結局のところインターネット上でも必要な情報は集めることができるでしょう。口コミをチェックできる情報サイトや人気ランキングサイトにフォーカスして、クラウドファンディングサイトとして人気のあるところがどこなのかを見極めてから、登録先を考えることが大切です。

それから、クラウドファンディングを行うとしたら、まずは出資を募って資金調達をしていると言う事実を多くの人に知ってもらう必要があります。そこからスタートラインになるといっても過言ではないので、その努力をすることを忘れないようにしておきたいところです。自分自身でブログやホームページを運営して、そこから情報発信したり、動画や文章を配信できるソーシャルネットワークサービスを使って出資を募ったりといった具合に、いろいろなやり方があります。それから、クラウドファンディングでは、当然ながら最終的に出資者にお返しをする必要もあるので覚えておきたいところです。魅力的なお返しを用意しておけば、それだけでも出資者を募るきっかけとなるでしょう。もちろん、お金を集めたらどのようなことをやるのか、そしてその中身が魅力的かどうか、そこも重要なポイントとなります。